FANDOM


呪文 ( - じゅもん ) とは、魔物が持っているエネルギーを発動させる言葉である。

概要 編集

魔物が発生させる、通常の物理法則では説明できない現象やエネルギーと、それを発生させるための言葉。「魔法」とも呼ばれる。魔界では魔物自身の魔力だけで出せるが、人間界において使うにはパートナーの力が必要不可欠であり、人間界においては「パートナーが自らに対応した本の読める文章(呪文)を感情を込めて朗読することで、本を介してパートナーの心の力が魔力に変換されて魔物が放つ能力」の総称。主に術は魔物が放つ現象やエネルギー、呪文は本に現れる文章の方を指す事が多い。
術を発動させるための呪文は本に現われる物だが、本に記された呪文から術が生じるのではなく、魔物が力や精神を成長させたり強い想いを抱いた時、眠っていた魔物の力が術として現れ、それを発現させるための呪文が本に記されるというもの。
術は魔物の持つ素質や心の在り様によって生まれるため、大きな心境の変化でもなければ、その魔物の持つ術の効果はどこか似通った性質を持つことが多い。大概が何が目覚め、何が成長したのか把握出来ないため、その効果はほぼ予測不可能。
術の威力は術によりあらかじめ決まっている威力と、込める心の力、魔物本人の力により決定される。魔物本人の力は術に対応した「呪文」がどれだけの文字を使って現われているかである程度計る事が可能。費やされる部分が多いほど威力が強い。一度発現した呪文に費やされる分量が後に変動する事もあるがそれは非常に稀な例で、劇中ではガッシュにのみ見られる。
そして、呪文には法則があり、発動する術の性質をある程度表している(ギガノ、ディオガなどは術の規模を表す)。

呪文法則 編集

ここでは呪文の文字(魔界の言葉)ではなくカタカナ(人間界の言葉)の法則を説明する。

呪文は意味が存在し、属性や攻撃方法、威力などを表している。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki