FANDOM


金色のガッシュ!! > 金色のガッシュ!!の登場人物 > ブラゴとシェリー・ベルモンド

テンプレート:ネタバレ冒頭 ブラゴシェリー・ベルモンドは、雷句誠漫画金色のガッシュ!!』及び同作を原作としたテレビアニメ『金色のガッシュベル!!』の登場人物。

ブラゴ 編集

声 - 小嶋一成

魔界ではかなり名を知られた強い魔物。魔王候補の中の8割は彼を恐れているという。ガッシュ・清麿の最大のライバルであり、時には協力者となる存在。

作者はガッシュと正反対のイメージでデザインしたとのこと。重力を操る術はいずれも強力で、基礎的な腕力・体力・知力・精神力にも優れる。王を決める戦いの優勝候補と目された[1]

普段は冷静で無表情。人間界へ来た当初は極めて粗暴で自己中心的(「関係無い奴だったら殺しても構わないだろ」と言うなど)であったが、シェリーとの旅を通じて成長し、王者の風格を備えていった。

石版編では、ガッシュ達の危機を救うタイミングで途中参戦。数十体に及ぶ『千年前の魔物』を、パートナーのシェリーと連携し2人だけで瞬く間に倒し、ゾフィスと対峙する。ゾフィスの策略で戦闘不能になったシェリーの精神的な支えとなり、ゾフィスの猛攻に耐え最終的には圧倒的な力で勝利。ゾフィスからシェリーの親友ココを救い出した。

ファウード編ではナゾナゾ博士とバリーペアと合流して現れ、ファウードの足止め役を担う(ブラゴ本人はガッシュ達と共にファウード内部で戦うことを望んだが、シェリーとナゾナゾ博士に説得され、仕方なく足止めをしていた)。その後ゼオンが所持していたファウードを操縦する鍵たる石が破壊された際、暴走するファウードの動きを止める役割も果たした。

クリア編ではクリアと最初に戦ったが、クリアの消滅の術にまるで歯が立たず追い詰められる。しかしそこに現れたガッシュアシュロンの助太刀により危機を救われ、クリアを撤退させる際にはアシュロンをサポートし一矢報いる働きを見せた。その後デュフォーの指示のもと地球上の磁場の強い場所での特訓を行い、ガッシュ達と協力して再びクリアに挑んだ。

クリアを倒した後、最後に残ったガッシュと王の座を賭けて真剣勝負を行った。その戦いの中ではガッシュとの死闘を楽しんでいた。バオウ・ザケルガとシン・バベルガ・グラビドンの打ち合いで敗れ、ガッシュを王と認め、魔界へ去る刹那にシェリーに最初で最後の感謝の言葉を言い残した[2]

アニメでは異世界編で原作よりも先行して登場し、最終回でモチノキ町の海岸に現れ、ゾフィスの時の借りとして暴走したファウードの動きを止めてガッシュを援護し、ラストシーンはガッシュとの一騎討ちという形で締めくくられた。

人間換算年齢:14歳。好きな食べ物:。趣味:強い奴と戦う事、ハイキング

呪文編集

  1. レイス
    掌から重力弾を撃ち出す術(初期の頃は「目に見えない力の固まりみたいなもの」と清麿に言われているが、その後は形状を目視できるようになっている)。
  2. グラビレイ
    重圧をかけ、敵の身動きを封じる術。
  3. ギガノ・レイス(ギガノレイス)
    レイスの強化版。大きな重力弾を撃ち出す術。ガッシュとの初邂逅当時は最大の術であったが、赤い本が金色に輝いた時に放たれた高密度のザケルで相殺されている。
  4. アイアン・グラビレイ
    グラビレイの強化版。一定範囲に強力な重圧をかける術。密林を荒地同様にすることが可能。重力場は任意で操ることが可能。
  5. ディオガ・グラビドン
    真空の鎌を伴った、球状の巨大な重力弾を放つ。
  6. ビドム・グラビレイ
    ブラゴの任意の場所に強力な重力波を発生させる術。空中の敵を落とすのに用いられる。
  7. リオル・レイス
    両手から螺旋状の2つのレイスを放つ術。
  8. バベルガ・グラビドン
    広範囲に超強力な重圧をかけ、範囲内の物を押し潰して底が見えないほど地面を陥没させる術。魔物数十体をまとめて叩き潰したり、ファウードを転ばすことが出来るほどの大穴を空けられる。アニメ版では高速移動をしたファウードを真っ向から転ばした。
  9. オルガ・レイス
    両腕のレイスを螺旋状に絡ませて放つ術。リオル・レイスの太くなったようなもの。
  10. ディボルド・ジー・グラビドン
    大きな球の中に複数の重力球を作って空間ごとねじ曲げ押し潰す。シェリー曰く「厳しい修行を経て習得した術」らしい。
  11. ニューボルツ・マ・グラビレイ
    ブラックホールのような桁外れに強力な重力場を敵の体の近くに作り出し相手を押しつぶす。ボルツ・グラビレイの強化版(ただし修得はこちらの方が早かったと思われる)。
  12. ニューボルツ・シン・グラビレイ
    ニューボルツ・マ・グラビレイの強化版。物体を強力な重力場で押しつぶす。「シン」の術の一つ。この術でザレフェドーラの最後の巨大砲弾を軽々と粉砕した。
  13. ザング・マレイス
    手の平から重力の刀を湧き出させ、正面のものを斬りさく。
  14. ボルツ・グラビレイ
    重力場を発生させ敵を引きずり込み、攻撃。自分自身を引き寄せ次の攻撃へ連携することも可能。
  15. アム・グラナグル
    両腕に重力のエネルギーを込めて強化する。
  16. ベルド・グラビレイ
    腕の動きに合わせて重力帯を出す術。それにより術の力を重力により吸い、吸い込みきれない分は斥力でハジく。
  17. ディゴウ・グラビルク
    ブラゴの肉体を重力の力で強化する術。クリアを殴り飛ばす程の威力。
  18. クエアボルツ・グラビレイ
    巨大な四角の重力壁を発動し、相手の術の速度を遅くする。支援に特化した術であり、肉体強化系と並んでクリア戦以前のブラゴには無かった系統の術と言える。
  19. シン・バベルガ・グラビドン
    バベルガ・グラビドンの強化版。「シン」の術の一つ。バベルガ・グラビドンよりもさらに広範囲に、さらに強力な重圧をかける。ブラゴ曰く「わずかだが地球の自転の力を受け止めているような術」であり、地球そのものから力を借りることでブラゴ自身とシェリーの心の力だけでは発揮できないほどの凄まじい力を発揮できる。そのため反動も非常に大きいのだが、その威力はクリアの最大呪文「シン・クリア・セウノウス」と互角以上。ブラゴの最大呪文。
  20. グラビドン
    ゲームオリジナル呪文。手から重力の壁を作り攻撃を防ぐ。又は重力を発生させてそこに相手を引き込む術。

シェリー・ベルモンド 編集

声 - 折笠富美子

ブラゴのパートナーで、黒色の本の持ち主。フランスの名門ベルモンド家の令嬢。幼少時代は母に施された過酷な英才教育により地獄の苦しみを味わい、挙句に母親に「生まれてこなければよかった」との言葉を浴びせられ、川に飛び込んで自殺しようとしたが、ココに救われた[3]。ブラゴとの出会いは、ゾフィスの「ラドム」を喰らう直前、ブラゴが自ら盾となり、シェリーを守った。

ゾフィスに心を邪悪に歪められた親友・ココを救うために魔物の戦いに身を投じた、岩のように強固な信念の持ち主。一刻も早く魔物の戦いを終わらせようと世界中を回る。遠く日本の高嶺邸にまで訪れ、ブラゴと共に清麿とガッシュに襲い掛かったが、ボロボロになりながらも一矢報いた二人の素質を認め、とどめを刺さずに立ち去った。

石版編で戦いに途中から参戦し、千年前の魔物をブラゴと共に一掃した後ゾフィス・ココに挑むこととなる。ゾフィスの操るココの言葉の暗示に戦意喪失・窮地に陥るが、ブラゴに叱咤され(アニメでは清麿達の助太刀を受け)、ココの本意を見抜いて戦意を取り戻し、ゾフィスを倒してココの救出に成功。その後は、ブラゴの為に戦い、ブラゴを王にする事を誓う。

幼少時からの教育で各種の体術を習得し、加えてゾフィスと対決するにあたってブラゴからの特訓を受けた結果、1人でもある程度魔物と戦えるまでになり、パートナーになった人間の中ではトップクラスの戦闘能力を持つ。武器として宝石のようなのついたフレイル(2度目のクリア戦では鉄球)を使用し、ブラゴの援護として活躍することもしばしばある。訓練後は大きな術を数発使えるほどに心の力も高まっている。ガッシュのことは「赤い本の子」と呼んでいたが、共闘するようになってからは「ガッシュ」と呼ぶようになる。

ガッシュとの最後の戦いでは「ブラゴを必ず王に」との想いを胸に完璧な指示をブラゴに与えたが、最後のシン・バベルガ・グラビドンがガッシュのバオウ・ザケルガに破られ敗北。バオウが降りかかる中、最後にブラゴから感謝の言葉を掛けられ、手を繋いだ。

誕生日:12月24日。年齢:19歳。血液型:B型。身長:170cm。趣味:お茶ピアノ。好きな食べ物:紅茶、焼き魚。好きなタイプ:世渡りは不器用でも芯の強い人。

脚注 編集

  1. キースの「王族など位の高い奴には勝てなかった」という回想でゼオンと一緒に(シルエットで)登場していることから、位の高い出身であることが伺える。
  2. 最終的にはブラゴはシェリーのことが好きだったとのこと。(公式ブログ2008年9月18日の記事より)
  3. 尚、現在では母との関係は一応良好らしい(公式ガイド『まるかじりブック』より)。
id:Sherry Belmond dan Brago

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki